油断してサボりがち、その間に老化が進む?

Hanarie 岩田理恵子です。

=============

秋も深まってきましたね。

木の葉も綺麗に色付き始めました。お出かけが楽しい季節です。

私も毎年恒例の有馬温泉へ行きたいなと計画中です♪

 

さて、この時期、UVケアされていますか?

9月頃までは太陽の日差しも強いので、念入りにされているかと思います。

ところが涼しくなってくると、もういいかなと油断しがち。

 

要注意です!!

油断ししている間に、肌はたくさんの紫外線を浴びています。

肌にもっとも悪い影響を及ぼすものは何かご存知ですか?

 

それは、紫外線です。

米国皮膚科学会では、肌の老化の80%が

紫外線(光老化)による影響だと考えられています。

 

80%ってすごいですよね!!

肌に影響する紫外線にはUV-AUV-Bがあります。

 

UV-B:レジャー紫外線

夏の7月~8月の間が特に強く、冬になると一気に量が下がります。
いわゆる日焼けを起こします。

赤く炎症を起こしたり、黒く焼けるのを避けるため、
夏の日焼け止めは欠かせません。

 

UV-A:生活紫外線

4月~9月まで強い時期が続き、冬になっても半分程度しか下がりません。
つまり、一年中UV-Aの影響を受けています。

しかも、このUV-Aは皮膚の表面ではなく、その先になる真皮の中層まで達します。

知らず知らずにUV-Aを浴び続けると皮膚が黒くなり、肌の弾力を保つ繊維を変性させ、
しわやたるみの原因にもなります。

夏のようにすぐに肌に影響は出ませんが、影響は蓄積されます。

 

肌のことを思うと、毎日の習慣に日焼け止めを取り入れることをおすすめします。

しっかりケアして、秋のお出かけを楽しみましょう♪

 

 

Follow me!

Pocket